とよまつ紙ヒコーキ・タワー

がぞう

標高663m、豊松の米見山(よなみやま)山頂公園の中央にそびえ立つ高さ26mのタワーで、紙ヒコーキを飛ばすためにつくられた世界でも珍しい施設です。このタワーの15m位置には360度を見渡せる展望台があり、遠くに大山や道後山、比婆山連邦なども望めます。また、平成25年4月より恋人の聖地/神石高原のシンボル施設として記念銘板が設置され、ラブコプターで楽しむことができます。

がぞうがぞう

がぞうがぞう

施設情報

基本情報
【住所】神石高原町下豊松381
【TEL】
0847-84-2000【閉鎖時】084-961-0669
【駐車場】普通車;約30台(無料) 中型観光バスは可能
※山道のため大型車は通行が難しいです。
【マップ】ここをクリックしてください。
【紙ヒコーキ教室】年3回開催。その他要望により実施。
営業時間・料金
【営業時間】(4月~9月)10:00~18:00
※10・11・3月は閉館時間が17:00までとなります。
【定休日】月・水・金曜 12月~2月は閉鎖
※GW、夏休み期間(7月下旬~8月末)は無休です。
【入館料金】※エコ用紙は別途購入必要 100円(5枚)
小学生未満;無料※ 小学生以上;300円(エコ用紙5枚付)
※折り紙ヒコーキ協会のHPはこちらから HP
アクセス(自動車)
福山東ICから車にて距離:約45km 所要時間:約65分
東城ICから車にて距離: 約35km 所要時間:約40分
アクセス(バス)
福山駅北口よりバス「東回り東城線」乗車
バス停「油木停留所」下車しタクシー乗車約20分

トップページ > サイトマップ >遊ぶ・学ぶ > とよまつ紙ヒコーキ・タワー