本文へスキップ

広島県の東部 神石高原町観光協会の観光ナビ

伝統芸能traditional arts

神石高原町には古来より、神事として地域で「踊り」を奉納していました。それにより、独特な芸能文化が根付き発展しています。代表的なものをご紹介します。

がぞう神楽(荒神神楽・八ヶ社神楽・吉備神楽)
豊松地区では古くから「八ヶ社神楽」「荒神神楽」があって地域の行事で踊られていた。「八ヶ社神楽」は江戸時代末期のころから備中神楽(吉備神楽)を模して鶴岡八幡神社の八ヶ所の社の神職において奉納神事として舞い継がれたものです。また「荒神神楽」は毎年春か秋に庶民が豊穣祈願や家の行事にて踊られたもので、古くから豊松地区では神楽を心の支えにしてきました。現在では豊松だけでなく、町全体に広がり、神石高原の宝となっています。神楽の詳細な内容は別ページをごらんください。⇒神楽ページ
基本情報
「豊松の神楽」として、昭和34年(1959年)7月15日に「神役(しんやく)」が、平成2年(1990年)4月23日に「神能(しんのう)」が広島県無形民俗文化財に指定されました。
がぞう川東供養田植
川東牛馬供養田植は別名「大仙供養田植」とも呼ばれ、伯耆の大山神社に祀られている大山様をお招きし、牛馬の供養と五穀豊穣を祈願する大掛かりな田植えです。5年に一度行われ、最近では平成24年に催されました。田植当日は,牛と早乙女(田植えをする女性)などが花宿(当家)へ集まることに始まり,花田(当家の田)へは牛を先頭に,お迎えした「大山さ ん」をお羽車にのせ、早乙女達の手おどりが続き、太鼓の唄にあわせて田植えを行います。
基本情報
広島県無形民俗文化財に昭和41年(1966年)12月8日に指定される。川東地区で以前は行っていたが、高齢化とともに人口が少なくなり、現在は下豊松自治振興会が主体となって行っている。5月上旬に行う。
がぞう鶴岡八幡神社 神事
豊松鶴岡八幡神社で毎年秋に行われる神事は、「渡り拍子(わたりびょうし)」「宮座(みやざ)」「御湯立神事(ゆたてしんじ)」「やぶさめ神事」から構成されます。「渡り拍子」は上豊松地区と下豊松地区の氏子が街中を練り歩き鶴岡八幡神社で合体して踊 りを奉納する行事で、太鼓踊りと神輿供養からなります。「宮座」は直会(なおらい)の儀式で神職と氏子の祝宴です。「湯立行事」は宮座の間に神域で行う儀式で湯を沸かし、その湯でお祓いをする神事です。やぶさめ神事は氏子の奉納行事で、馬で勝敗を争い、 年占いをするものです。
基本情報
広島県無形民俗文化財に昭和41年(1966年)4月28日に指定される。毎年10月の第1週土曜・日曜に行われる。最近はやぶさめ神事は省略される。見学は自由。前日には神楽奉納も行われる。
がぞう亀鶴山八幡神社 神儀(じんぎ)
油木の亀鶴山八幡神社の神事で毎年秋に行われます。油木の各地区から奉納される神事で、街中を1組数十人単位で太鼓と鐘の音にあわせて踊り歩き、亀鶴山八幡神社で数百人の行列となり、リズムに合わせて踊ります。獅子舞や猿田彦などを先頭に練り歩き、「馬場掛り」「宮回り」「曲舞」「神降ろし」などの曲を踊りながら進みます。頭に尾長鳥の羽で作られたしゃぐまをかぶり闘鶏のごとく踊る様は勇壮で、静かな社中にこだまする太鼓や鐘の音とともに、見るものを厳かな気持ちにさせてくれます。(見学は自由)
基本情報
広島県無形民俗文化財に昭和35年(1960年)3月12日に指定される。毎年10月第2週の日曜祝日に実施され、1日目は亀鶴山八幡神社、2日目は吉備津神社にて行われ、その前日に神楽奉納が行われる。
がぞう豊松太鼓
豊松太鼓を継承する豊松太鼓保存会は平成2年に結成されました。豊松太鼓のオリジナル曲は「豊松大蛇太鼓 (とよまつおろちだいこ)」「豊松太鼓囃子 (とよまつたいこばやし)「豊松一番太鼓 (とよまついちばんだいこ)」などがあります。その他にも、日本各地に伝わる伝統的な曲を演奏しています。 オリジナル曲のうち代表曲の「豊松大蛇太鼓」は豊松に 古くから伝わる神楽、供養田植、秋の大祭を元に作られています。曲は先祖の文化を生み出してきた跳躍的息吹を表現し、基本リズムは神楽となっています。
基本情報
年間15回程度、イベントなどに出演しています。
【お問合わせ】℡ 0847-84-2213(平日8時30分~17時15分まで受付)
がぞうよさこい(神石踊娘隊きらきら星)
神石踊娘隊きらきら星は,平成14年に旧神石町・牧地域で誕生し、現在は70名あまりのメンバー構成で活動されています。近年は地元だけでなく、「広島フラワーフェスティバル」や本場高知の「よさこい祭り」へも参加されています。幽幻な帝釈峡神龍湖や神石高原の霊峰「星居山」に伝わる流れ星伝説など,神石高原の自然と歴史をテーマにしたチームのオリジナル曲は「神石神龍伝説」「流星彩華」「舞姫の初恋」と3曲を持ちます。
基本情報
 地元の大きなイベントで踊りを見ることができます。

シンボルマーク(一社)神石高原町観光協会 RSS

〒7201604
広島県神石郡神石高原町坂瀬川5146-16

TEL 0847-85-2201 FAX:084-993-4032

メール kankou@jkougen.jp